倉庫がなくてもOK~古物市場の利用方法

| コメント(0) | トラックバック(0)
リサイクルショップ独立開業時に店舗を借りるほどの自己資金がなくても、古物市場を利用することで店舗どころか倉庫すら持たずに出張買取専門のリサイクルショップを開業することが可能です。

1.古物市場とはどんなところなのか

簡単に説明しますとリサイクルショップ業者間の売買を仲介する市場のイメージです。
リサイクルショップの業界を大きく分けると、出張買取専門のリサイクルショップと店舗型のリサイクルショップ。
実はこの2つの業態は持ちつ持たれつのいい関係になっており、その関係を仲介するのが古物市場の役割となっています。

2.おススメ古物市場


3.古物市場への参加方法

直接上記URLより電話をかけ、登録をする必要がります。その際に必要になってくるのが古物商です。
基本的には古物市場は買い手と売り手あっての市場ですので、入会を断られることはまずありません。
※市場によっていろいろなルールがありますので、そうしたことには敏感になっておいたほうがよさそうです。

4.古物市場の手数料

たしか7%程度だったと思います。

5.古物市場のよい点

一応一定のルールがあるものの、基本的には出品予定の商品を置かせてもらうことが可能です。
多くの出張買取専門リサイクルショップは、この市場を有効活用することで倉庫代を節約しているようです。

6.実は店舗型リサイクルショップにとってもよい仕入れの場

毎週のように大量に商品が出品されますので、店舗型リサイクルショップにとってはよい仕入れの場になっています。
お店を持って、お客が来店しても充実した商品がないと売上になりません。実は市場、出張買取専門リサイクルショップ、店舗型リサイクルショップはそれぞれ持ちつ持たれつのよい関係になっており、それが昨今のリサイクルショップ業の急成長につんがっているといっても過言ではありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.retown.jp/franchise/mt-tb.cgi/6

コメントする